参加すべきインターンシップ

就活図鑑_参加すべきインターンシップ

毎年6月頃にインターンシップ情報などが企業から発信されます。

採用活動としてのインターンシップの役割は年々大きくなっているのは間違いありません。
インターンシップ専用の学生向けサイトにも数多くの企業が掲載されることからも明らかです。

 

ではどのように参加企業を選べばよいのでしょうか。
大半の学生は、これから志望業界・職種・会社などが決まっていない状況かと思いますが、以下は参加をおすすめするインターンシップです。

 

【1】新卒で配属される可能性のある職種の仕事を体験できる(できれば複数日)

理由:インターンシップの中にはビジネスゲームという形式で仕事を体感させるプログラム、座学で仕事内容を説明し、実際の社員と話せるプログラムなどを用意している会社がありますが、インターンシップの本来の意味は仕事の体験です。

その中に企画やマーケティングなど学生に人気のある仕事を体験させて、「まずは現場を経験して、将来的にこの仕事ができるように目指して下さい!」とアピールする会社があります。
希望はどれくらい叶いますか?希望を叶えている人は実績何人ですか?希望が叶う人は具体的にどんな人ですか?と質問してみて下さい。

新卒で配属される職種を体験させてくれる会社は、入社前にミスマッチを防止するという目的で実施している可能性があります。
もちろん、コンプライアンス上の問題からすべての仕事が体験できるわけではありませんが、なるべく実際に自分が従事するであろう仕事を体験してきましょう。

 

【2】業界全体を説明してくれる

理由:企業研究するのはその企業が属している業界の勉強が必要ですが、大半の学生が何を調べたらよいかわからないと思います。
常に競合他社を意識している社会人の説明を一度聞いてみましょう。

 

【3】志望業界に関連する業界

理由:自分の志望する業界と適性が合っていない場合、思うように就活がうまくいかない可能性があります。
方向転換をする際の参考になるはずです。

 

【4】外資金融・コンサルティングを志望する人、インターンシップが採用に直結する会社

理由:上記の会社は採用に直結しています。

 

【5】絶対にチャレンジしたい会社

理由:大半の企業がインターンシップに参加した学生のデータベースを利用して、次回イベントの案内等をするためです。
(文:就活図鑑 編集部)

【関連コンテンツ】
インターンシップ参加の必要性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 就活図鑑_2018NNT919

    2017-9-19

    2018卒 「内定式までに決めたい!」就活生へのアドバイス

    相談を受けていると、内定がない人も、内定があるけれど就活を続けている人も、一部の公務員をあきらめきれ…
  2. 就活図鑑_18内定アドバイス

    2017-9-13

    2018卒 内定が出る人と出ない人の差

    10月1日(内定式は10/2ないし10/3に開催する企業が多いです。)の内定解禁を目指して、就活生も…
  3. 就活図鑑_NG事例1

    2017-9-7

    2018卒 よくいる残念な就活生

    2018卒採用の区切りのひとつである、内定式。 この日にまでに就職先/内定者を決めようと就活生も採…

ピックアップ記事

  1. 就活図鑑_2018NNT919
    相談を受けていると、内定がない人も、内定があるけれど就活を続けている人も、一部の公務員をあきらめきれ…
  2. 就活図鑑_18内定アドバイス
    10月1日(内定式は10/2ないし10/3に開催する企業が多いです。)の内定解禁を目指して、就活生も…
  3. 就活図鑑_NG事例1
    2018卒採用の区切りのひとつである、内定式。 この日にまでに就職先/内定者を決めようと就活生も採…
2016年6月
« 4月   9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ページ上部へ戻る