不合格理由 【GD(グループディスカッション)】

就活図鑑_OBOG訪問

採用ステップの中にある会社の多い、「グループディスカッション(以下GD)」。
学生のみなさんから、何を評価されているのかわからない、テーマも似ていて、ほぼ同じ言動をしたのに、合格する会社もあれば不合格になる会社もあるので、どうしたらよいかわからないという質問をよく受けます。

企業側の目的としては、

  1. 選考はじめにGDを実施することによって、大量の人数を選考するため。
  2. その会社で業務を遂行する上で必要な能力の一部(リーダーシップ、チームワーク、論理的思考能力、発想力など)を確認するため。
  3. とりあえず実施してみた。

などがあげられます。

 

受験した会社が、GDの目的をどのように設定しているかによって、評価するポイントは変わるので、学生のみなさんが混乱するのではないでしょうか。

 

具体的な事例をあげて説明します。

GDを実施する目的が1の場合、GDは、会社説明会後に設定されます。
ここでは、第一印象、服装、話し方、参加態度など表面的な選考が中心で、
学生さんの考え方など深いところまでは選考されません。
クリアした学生は、次回面接で、じっくり話をききましょう!という流れになります。

  • 第一印象が良くない(あいさつ、服装、話し方を含む)
  • 発言が極端に少ない(あいづちを打つだけ、笑っているだけ…)
  • 態度が悪い(横柄、自分だけ話す、非協力的、誰かを頭ごなしに否定する…)
  • 求められていることを明らかに理解していない(書記は不要と言われているのに書記をする、指示を守らない…)

 

GDを実施する目的が2の場合、選考基準は会社によって異なります。

面接同様、企業が「求める人材像」としてあげている要件や、職種として必要だと想像できるものがあれば、多少意識をして臨んでください。

ただし、作りこみすぎて普段の自分からかけ離れた言動をとることはおすすめしません。
社会人からすると学生さんの演技くらいお見通しだからです。
※詳細は、「面接で重視しているところ」コンテンツでお話しします。

 

GDを実施する目的が3の場合、新卒採用を実施するのが初めての会社、採用担当者の経験が浅い場合など、とりあえず他社も実施しているから、過去に実施しているからという企業があります。

内定が出た場合、各選考の目的を質問してみて下さい。具体的な回答がない場合、その可能性が高いです。
選考の目的を定めていない会社には、入社することを考え直した方が懸命です。

 

(文:就活図鑑 編集部)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 就活図鑑_18学歴2

    2017-12-7

    2018&2019卒 偏差値の高い学生だけができるキャリア戦略

    以前、就活にどこまで「学歴」が通用するのか、という記事を掲載しました。 も…
  2. 就活図鑑_white500

    2017-11-30

    2019卒 企業研究で学生が陥りやすいワナ

    「ホワイト500」という言葉をご存知でしょうか。 大手企業を中心に就活関連メディア(就活サイト、ホ…
  3. 就活図鑑_1005ngc1

    2017-11-16

    2018卒 今さら面接で言ってはいけないこと【2】

    面接官に 「どんな会社で働きたい?」 「あなたが会社選びをする軸はなに?」 「…

ピックアップ記事

  1. 就活図鑑_18学歴2
    以前、就活にどこまで「学歴」が通用するのか、という記事を掲載しました。 も…
  2. 就活図鑑_white500
    「ホワイト500」という言葉をご存知でしょうか。 大手企業を中心に就活関連メディア(就活サイト、ホ…
  3. 就活図鑑_1005ngc1
    面接官に 「どんな会社で働きたい?」 「あなたが会社選びをする軸はなに?」 「…
2016年9月
« 6月   10月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る