就活に資格は必要?

就活図鑑_資格

就活をひかえ、急に資格を取得をしようとする方がいます。

断言します。

 

簡単にとれる資格が就活に有利になることはありません。

 

ありがちなのが

  • 秘書検定(2級)
  • 漢字検定(3級)
  • 簿記(3級)
  • FP(ファイナンシャルプランナー)

また、TOEICなどもスコアだけで合格になるケースはありません。
本当に業務に必要であれば、必ず、英語面接などが実施されるためです。

 

資格取得を否定しているわけではありません。

 

逆に資格がないと受けられない会社もあります。(以下、一例)

  • 税理士
  • 公認会計士

いくつかの科目合格を必須としている、税理士法人や監査法人などです。

 

また、入社にあたり必須の資格として、「普通自動車免許」をあげている会社があります。
普通自動車免許は、取得すること自体は、難易度の高いものではありません。

 

しかしながら、勤務で普通自動車を使用することが前提となりますので、もしこういった会社に就職を希望するのであれば、早めに資格を取得して、運転に慣れておくことをおすすめします。

なぜなら、企業では若手社員の自動車事故が増加して、保険料増加が問題になっているため、運転に不慣れな学生=採用しない可能性が高くなるからです。

 

  • 自動車の手配をする総務部などから、運転に慣れている学生を採用してほしい、少なくともこれから資格免許をとるという学生は避けてほしいという要請がくる
  • 部下が何度も交通事故を起こしている面接官が、資格免許の有無や運転の慣れなどを確認をする

上記の事例、実は少なくないのです。

 

つまり、普段から運転に慣れていて、事故も起こしていないというだけで、面接官に対する心証をUPさせることができます。

 

自動車免許に限らず、入社条件に資格が必要な会社は、本当にその資格が必要かつ、免許相当の能力が必要になるということに他なりません。

募集要項や採用ホームページなどに必ず記載があるはずです。必ず確認しておきましょう。

 

以上のことから、本当に有利になる資格とは、会社が必要としている資格です。

無駄な時間と費用を費やさないために、資格は目的をもって、取得するようにしましょう。

 

参考:就活事前準備:内定につながるアルバイトの取り組み方【1】

 

(文:就活図鑑編集部)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 就活図鑑_18学歴2

    2017-12-7

    2018&2019卒 偏差値の高い学生だけができるキャリア戦略

    以前、就活にどこまで「学歴」が通用するのか、という記事を掲載しました。 も…
  2. 就活図鑑_white500

    2017-11-30

    2019卒 企業研究で学生が陥りやすいワナ

    「ホワイト500」という言葉をご存知でしょうか。 大手企業を中心に就活関連メディア(就活サイト、ホ…
  3. 就活図鑑_1005ngc1

    2017-11-16

    2018卒 今さら面接で言ってはいけないこと【2】

    面接官に 「どんな会社で働きたい?」 「あなたが会社選びをする軸はなに?」 「…

ピックアップ記事

  1. 就活図鑑_18学歴2
    以前、就活にどこまで「学歴」が通用するのか、という記事を掲載しました。 も…
  2. 就活図鑑_white500
    「ホワイト500」という言葉をご存知でしょうか。 大手企業を中心に就活関連メディア(就活サイト、ホ…
  3. 就活図鑑_1005ngc1
    面接官に 「どんな会社で働きたい?」 「あなたが会社選びをする軸はなに?」 「…
2016年10月
« 9月   11月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る