就活事前準備【運動部は有利?】

就活図鑑_運動部

「大学で運動部に所属していると有利でしょうか?」
「高校までは部活に入っていましたが、大学入学してからはサークルだけですが、今からでも入部しておくべきでしょうか。」
という質問をよく受けます。

 

中には、運動部に所属している就活サイト、人材紹介サービスなども存在するため、企業からは優遇される可能性があるのではないかと思うのは当然でしょう。

結論から言うと、所属しているだけでは有利になりません。

 

採用戦略を練る際、役員から「運動部の学生を集めればいい。」という指示を受けることもあります。
OB・OGに運動部の後輩を集めて会社説明会を行うなど一般には公開していないルートでの採用を行っているのも事実です。

 

また、役員、面接官の中には、運動部に所属しているというだけで、以下のようなイメージを持つ人がいます。

  • 厳しい練習に耐えてきた経験から、体力・気力があり、ストレス耐性が強い
  • 絶対的な上下関係を経験してきたことから、部下にした際、つかいやすい
  • 基本なスポーツのルール(挨拶・礼儀など)が身についている
  • チームプレーを求められてきたことから、協調性・人を巻き込むことができる

そのため、部活に所属しているというだけで、迷ったら合格にしようとする面接官も存在します。

 

しかしながら、役員・面接官が持つ、このイメージは、自分たちの世代、つまり数十年前の運動部です。
さらに、個人差があることを念頭におく必要があります。

 

過去の運動部、現在の運動部を比較すると、

  • 上下関係については、緩い
  • 先輩から怒られたことがない
  • 無理矢理(お酒を)飲まされることはない

など社会的な背景もあり、変化してきいます。

 

つまり、面接官が想像している縦社会と、就活生が経験してきた縦社会とでは、GAPがあるということ。
そのGAPを理解しなければ、入社後、お互いにこんなはずではなかったという残念な結果が生まれます。

 

また、面接で話をすすめていくと、部活に対して、

  • どこまで本気で取り組んだか
  • どんな成果を挙げたか
  • チームにどれだけ貢献できたか
  • 目標のためにどんなことを考えてたか
  • 壁の乗り越え方

など本当に千差万別です。
そういった理由もあり、運動部=どうにかなるんじゃないかという評価を下すことには慎重になるよう面接官に人事が説明することがあります。

 

まとめると、「就活に有利になるから」というマインドで運動部に入っても意味がないということ。
自分がやりたかったことがたまたま運動部にあって、一生懸命努力して成果を挙げていれば、就活に有利になるでしょう。

 

社会人にも「何かをすれば」「どこかに所属すれば」「これを言ったら(やったら)」という必殺テクニック、決め技ばかりを追い求めている人がいます。
これは、発想としては、「運動部に入っていればどうにかなるのではないか」という就活生と同じ。
その考え方のままでは、真の実力はつきません。

 

本当に活躍できる社会人になるために、必殺テクニックを追い求めるのはやめましょう。
(文;就活図鑑編集部)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 就活図鑑_18学歴2

    2017-12-7

    2018&2019卒 偏差値の高い学生だけができるキャリア戦略

    以前、就活にどこまで「学歴」が通用するのか、という記事を掲載しました。 も…
  2. 就活図鑑_white500

    2017-11-30

    2019卒 企業研究で学生が陥りやすいワナ

    「ホワイト500」という言葉をご存知でしょうか。 大手企業を中心に就活関連メディア(就活サイト、ホ…
  3. 就活図鑑_1005ngc1

    2017-11-16

    2018卒 今さら面接で言ってはいけないこと【2】

    面接官に 「どんな会社で働きたい?」 「あなたが会社選びをする軸はなに?」 「…

ピックアップ記事

  1. 就活図鑑_18学歴2
    以前、就活にどこまで「学歴」が通用するのか、という記事を掲載しました。 も…
  2. 就活図鑑_white500
    「ホワイト500」という言葉をご存知でしょうか。 大手企業を中心に就活関連メディア(就活サイト、ホ…
  3. 就活図鑑_1005ngc1
    面接官に 「どんな会社で働きたい?」 「あなたが会社選びをする軸はなに?」 「…
2016年11月
« 10月   12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る