就活事前準備【企業研究】離職率について

就活図鑑_離職率

大学卒の新卒社員の離職率は以下のグラフを見てください。(参照:厚生労働省HP

スクリーンショット 2016-07-08 12.37.25

就活生が企業の離職率を質問してくるケースも増えました。
「1社で長く働きたい。」「安定した会社で働きたい。」という気持ちが強い就活生からすると気になるデータなのかもしれません。
離職率が低い業界の志望者は増え、逆に高い業界の志望者は減少していることからも明らかです。

 

また、近年よく離職率を社会問題として取りあげ、「採用でミスマッチを防止するための取り組み」、「入社後のフォロー」に力を入れる企業も多いです。
しかしながら、データ上は、過去から大幅には変化していないと言えます。
※個々の会社として、30%から50%に離職率が上がるなどの事象が起きている場合は別です。

 

別の視点から考えると、離職の中には、他社への転職や起業なども含まれます。

 

必ずしも、離職がマイナス材料なのでしょうか。
企業によっては、こういったことを奨励する企業も存在します。

 

将来の私たちの働き方は、確実に変わってきます。
みなさんが見てきた、お父様やお母様方の世代の働き方(新卒で入社した会社に定年まで働くというスタイル)は、望めない時代がそこまできています。

 

一部の企業では、副業をもつことを推奨したり、独立を支援しているなど、将来を見据えて様々な取り組みを行っています。

 

つまり、安定した生活を送るには、離職率の低い会社に入社するよりも、

  • どこでも通用するような人材になる
  • これだけは人に負けないという特定のスキルを身につける

ことが必要なのです。

 

また、離職率が低い=働きやすい会社と定義している就活生も多いと思いますが、安易に考えることは危険です。

 

自分の働きやすさとは何なのか。

キャリアに対する考え方(将来起業したいとか、趣味をメインにしたい等)
×
自分のおかれているプライベートの状況(独身時代、結婚後、育児中、介護など)

によって異なってくるはずです。

 

つまり、漠然と「離職率が低い会社」を選択するのではなく、自分がどう生きていきたいかを考えることが重要です。

 

(文:就活図鑑編集部)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 就活図鑑_2018リトライ

    2017-6-16

    【2018年】就職浪人という選択肢

    6月にはいり、大手有名企業が一斉に(堂々と)選考を開始しました。 大手有名企業の正式内定をGETし…
  2. 就活図鑑_2018複数内定

    2017-6-6

    【2018卒】複数内定ホルダーが注意すべきこと

    すでに複数内定をもっている就活生もいらっしゃることと思います。 ほっと一安心も束の間、自信がみなぎ…
  3. 就活図鑑_2018内定がほしい

    2017-6-5

    【2018卒】 内定をとるためにすべきこと

    マスコミ等で、就活のニュースが出たり、SNSで「内定いただきました」という写真を目にするたび、落ち込…

ピックアップ記事

  1. 就活図鑑_2018リトライ
    6月にはいり、大手有名企業が一斉に(堂々と)選考を開始しました。 大手有名企業の正式内定をGETし…
  2. 就活図鑑_2018複数内定
    すでに複数内定をもっている就活生もいらっしゃることと思います。 ほっと一安心も束の間、自信がみなぎ…
  3. 就活図鑑_2018内定がほしい
    マスコミ等で、就活のニュースが出たり、SNSで「内定いただきました」という写真を目にするたび、落ち込…
2016年11月
« 10月   12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る