「サイレントお祈り」をする事情&対策

就活図鑑_サイレントお祈り

よく就活生の話題になったり、たまにネット上でニュースになる「サイレントお祈り」について。

 

サイレントお祈りとは
▶︎選考結果については、合格者にのみ連絡する。
つまり、不合格者には連絡がない(サイレント)なことを指します。

 

ニュースになっていたのは、
選考結果については、不合格者にも知らせるのがマナーではないかという就活生たちの怒り。

 

企業がサイレントお祈りする理由としては、

  1. 工数の関係(つまり時間がない)で全員に連絡することが難しい
  2. 補欠要因のため就活生をキープしておきたい

というものでした。

 

【1】工数について

もちろん、数万人のエントリー者をかかえる企業の担当者は大変です。
不合格者のデータを入力するだけで莫大な工数。
しかも、間違いは許されません。人様の人生がかかっているので、評価入力・連絡は、かなり気をつかう作業になります。

 

つまり、少しでも内定の可能性がある合格者に工数を割きたくなる状況は、選択と集中の観点から理解できます。

 

【2】補欠要因として

それに対して、補欠要因に…というのは正直、疑問です。
「補欠でもいい!」と思う就活生もいらっしゃると思いますが、選考の結果は、企業の判断です。
そもそも合格できるレベルならば、はじめから合格にしたらいいのです。

 

たまに連絡の時間差を憂いて「私は補欠合格なんですか。」と質問してくる就活生がいました。
同じ日の中でも午前中に連絡がきたか、夕方に連絡がきたか、その時差をも気にされるのが就活生です。(ただ携帯がつながらなかっただけだとしても。)

 


【参考】

私が新卒採用担当をしていた際、「結果について」という案内(ペーパー)を渡していました。

 

そこには
・結果は、●日までにマイページにご連絡します。(合否にかかわらず)
・合格した場合、次回ステップの詳細(実施日時、場所、所要時間、持ち物など)
を記載しておきました。

 

理由は、
・就活生が予定を調整しやすいように配慮したかった
・結果がわからないのは落ち着かないし、企業側からしても結果の問合せに対応している時間がない
ためです。


上記のように、就活生に配慮した企業が増えてくれることが理想ですが、とはいえ難しいのも現実です。

そんなときは👇をご覧ください。

【アドバイス】

合格者にのみ連絡という会社にいったら、いつまでに、どんな方法で連絡が来るか、次回ステップはいつ頃かなど必ず確認しましょう。

採用活動のスケジュールを作成していない会社などありません。
目安すら教えてくれないのは、人事がパニック状態か、【2】補欠要因として就活生をキープしておきたい会社かもしれません。

 

(文:就活図鑑編集部)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 就活図鑑_18学歴2

    2017-12-7

    2018&2019卒 偏差値の高い学生だけができるキャリア戦略

    以前、就活にどこまで「学歴」が通用するのか、という記事を掲載しました。 も…
  2. 就活図鑑_white500

    2017-11-30

    2019卒 企業研究で学生が陥りやすいワナ

    「ホワイト500」という言葉をご存知でしょうか。 大手企業を中心に就活関連メディア(就活サイト、ホ…
  3. 就活図鑑_1005ngc1

    2017-11-16

    2018卒 今さら面接で言ってはいけないこと【2】

    面接官に 「どんな会社で働きたい?」 「あなたが会社選びをする軸はなに?」 「…

ピックアップ記事

  1. 就活図鑑_18学歴2
    以前、就活にどこまで「学歴」が通用するのか、という記事を掲載しました。 も…
  2. 就活図鑑_white500
    「ホワイト500」という言葉をご存知でしょうか。 大手企業を中心に就活関連メディア(就活サイト、ホ…
  3. 就活図鑑_1005ngc1
    面接官に 「どんな会社で働きたい?」 「あなたが会社選びをする軸はなに?」 「…
2016年12月
« 11月   1月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る