面接官の選び方

就活図鑑_面接官の選び方

2017年も本格稼働してきましたので、年明けからは、より企業の採用の裏側をお伝えできるコンテンツを提供していきたいと思います。

 

面接官って、どんな人がなるのでしょうか。
面接官に選ばれるからには、「えらい人」「優秀な人」「人を見る目のある人」「厳しい(怖い)」とかなのではないかと思う就活生も多いと思います。

 

企業によっても様々ですが、だいたい以下の5つに集約されます。

  1. 上司の推薦
  2. 配属される部署の上司、先輩
  3. 人事が一定の基準(部署・経験・過去の評価・ビジュアルなど)により選択
  4. 本人の希望
  5. 時間のある人

面接官を選定する際に欠かせないのが、採用ステップを決めることです。

  • 面接の回数を何回にするのか。
  • 面接では一体何を確認するのか。

それをもとに必要な面接官の数を割り出し、候補者をピックアップするのです。

 

わかりにくいので、たとえば、採用ステップを

【ステップ1】グループ面接(同僚として一緒に働きたいか。)
【ステップ2】個人面接(部下として育成したいと思うか。)
【ステップ3】最終面接(将来の幹部として成長できそうか。)

で実施すると仮定します。

 

【ステップ1】では、同僚して一緒に働きたいかどうかを確認したいので、配属を予定している部署の先輩達を面接官に選択します。
【ステップ2】では、部下として育成したいと思うかを確認したいので、配属を予定している部署のマネージャー達を面接官に選択します。
【ステップ3】では、将来の幹部として成長できそうか、役員や部長クラスを面接官に選択します。

というように、ステップ毎にふさわしい面接官をピックアップしていくのです。

 

しかしながら、最初にあげた5つの中には、ベンチャー企業のように全員で採用活動を行うところもあり、その場合、社員本人の希望で面接官になれるケースもあれば、現場の協力が得られずに人事と時間に余裕のある社員が面接官になる企業もあります。

 

自分が受けている面接の面接官が、

  • どうやって選ばれた人なのか
  • 何を確認したくて面接をしているのか

想像しながら面接を受けて見ると多少緊張がほぐれるかもしれません。

 

もしかしたら、あなたのお父様、お母様も面接官として登場しているかもしれません。

 

参考:それでも面接官を前にすると緊張してしまうあなたには👇

人事が困る面接官【1】忘れる
人事が困る面接官【2】自分大好き
人事が困る面接官【3】不合格にできない
人事が困る面接官【4】私的な感情で判断する

 

(文:就活図鑑編集部)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 就活図鑑_理想の働きたい会社

    2017-5-24

    夏場のリクルートスタイル

    急に暑い日が続いていますね。 近年採用活動がインターンシップの導入で早期化、倫理憲章の関係で長期化…
  2. 就活図鑑_困った面接官5

    2017-5-23

    人事が困る面接官【5】わかりやすい

    就活生のみなさんからすると「面接官」って、それだけで緊張してしまう存在ではないでしょうか。 ここで…
  3. 就活図鑑_産休育休

    2017-5-16

    質問されると実は意味がないと 人事が思っていること 【2】産休・育休

    採用活動をしていると必ず質問されるけれど、「実は質問しても意味ないのにな」と人事が思っていることをお…

ピックアップ記事

  1. 就活図鑑_理想の働きたい会社
    急に暑い日が続いていますね。 近年採用活動がインターンシップの導入で早期化、倫理憲章の関係で長期化…
  2. 就活図鑑_困った面接官5
    就活生のみなさんからすると「面接官」って、それだけで緊張してしまう存在ではないでしょうか。 ここで…
  3. 就活図鑑_産休育休
    採用活動をしていると必ず質問されるけれど、「実は質問しても意味ないのにな」と人事が思っていることをお…
2017年1月
« 12月   2月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る