人事が絶対採用したくない学生 【6】他人の自慢

就活図鑑_他人の自慢

人事が絶対採用したくない就活生シリーズの第六弾。

このシリーズでは、人事が実際に遭遇してしまった、絶対に採用したくない就活生の言動を実例をあげて紹介しています。

 

第六弾は、「他人の自慢をする」です。

 

面接中など口数は非常に多いのですが、主語が本人ではない。

  • 父親が○×大学病院の教授で…
  • 母親の知り合いが▲省でオリンピック関係の仕事をしていて…
  • 友人が芸能人で…
  • ゼミの先生がノーベル賞候補になって…
  • GDが一緒になった就活仲間が起業していて…

あくまで、本人のことを知りたいのであって、本人の周囲にいる人ではありません。
もちろんアイスブレイクのためだったり、雑談レベルであれば、構いません。

 

しかしながら、面接中に、さも周囲の方の功績を自分のことのように自慢げに語られても

「だから何??」

「で、あなたは??」

と思われてしまいます。

 

特に、家族の職業や勤務先等については、面接中に確認してはいけない質問のひとつのため、面接官の中にはむしろ聞きたくない人も多いです。
(家族の職業は、本人の適性・能力に関係ない事由のひとつとしてあげられています。)

 

また、せっかくの短い面接時間において、自分自身をアピールしないのは、本当にもったいないです。
「たくさん話していたものの、結局あの就活生は何しにきたんだ?」と面接官に思われたら元も子もありません。

 

おそらく、本人は自覚がないかもしれませんが、普段の生活でもその習慣が身についてしまっている可能性があります。

 

判定方法は以下のとおりです

👇

  1. 自分が発言しようと思う直前に一息ついて、今自分が話そうとしていることの「主語」は誰なのか、分析してみましょう。
  2. 主語の比率が、自分と他人どちらが多いか、分析してみましょう。
  3. 友人・知人に直接きいてみましょう。

もし、自分で気づかずにそういった発言が多いならば、面接(特にグループワークやGD(グループディスカッション))の際、マイナスに働いてしまうかもしれませんので、自分自身のことだけ話すことを意識してみることをおすすめします。

 

 

(文:就活図鑑編集部)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 就活図鑑_2018リトライ

    2017-6-16

    【2018年】就職浪人という選択肢

    6月にはいり、大手有名企業が一斉に(堂々と)選考を開始しました。 大手有名企業の正式内定をGETし…
  2. 就活図鑑_2018複数内定

    2017-6-6

    【2018卒】複数内定ホルダーが注意すべきこと

    すでに複数内定をもっている就活生もいらっしゃることと思います。 ほっと一安心も束の間、自信がみなぎ…
  3. 就活図鑑_2018内定がほしい

    2017-6-5

    【2018卒】 内定をとるためにすべきこと

    マスコミ等で、就活のニュースが出たり、SNSで「内定いただきました」という写真を目にするたび、落ち込…

ピックアップ記事

  1. 就活図鑑_2018リトライ
    6月にはいり、大手有名企業が一斉に(堂々と)選考を開始しました。 大手有名企業の正式内定をGETし…
  2. 就活図鑑_2018複数内定
    すでに複数内定をもっている就活生もいらっしゃることと思います。 ほっと一安心も束の間、自信がみなぎ…
  3. 就活図鑑_2018内定がほしい
    マスコミ等で、就活のニュースが出たり、SNSで「内定いただきました」という写真を目にするたび、落ち込…
2017年2月
« 1月   3月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
ページ上部へ戻る