人事が絶対採用したくない学生 【7】SNSで本音

就活図鑑_採用したくない7

人事が絶対採用したくない就活生シリーズの第七弾。

このシリーズでは、人事が実際に遭遇してしまった、絶対に採用したくない就活生の言動を実例をあげて紹介しています。

 

第七弾は、「SNSで本音を掲載する」です。

 

とある日 @会社デスク

SNS好きの同僚が私の席にやってきました。

同僚「ねえねえ、これって×●(内定者)だよね。内定受諾しても他社の受験しているみたいですよ。ニックネームだけどばればれ。」
どうやら、SNS上で、とある日に競合他社の最終面接にいく模様。

私「想定内ですよ。ただSNSに特定されてしまうところが痛いね。この内容だとうちの会社には入社しないだろうね。社会勉強のためにその最終面接日に呼び出してみようか。」

そして、電話してみたところ。

私「こんにちは!その後、いかがですか?」
内定者「学生生活を満喫しています。←まあ、嘘ではない」

私「実は内定者の方にお伝えしたいことがあり、ご来社いただきたいのですがこの日(他社最終面接日)はいかがですか。もう授業もないと伺っていたのでこの日に内定者全員とお顔合わせの予定です。」
内定者「え、あ、え〜っと、その日はゼミが。。。」

私「ゼミの教授にも内定先の担当者としてぜひご挨拶もさせていただきたいのですがご説明にあがりますよ。」
内定者「いや、あの、…ごめんなさい。実は、、、」

 

この内定者の場合、正直にお話してくれたので、では他社の面接頑張って来て下さい!という結果になりましたが、その際にtwitterなどのSNSはくれぐれも注意することとお伝えしました。

 

起きたらすぐにSNSなどの確認する習慣をお持ちの方も多いと思います。
また学生時代にブログやFacebook等で様々な情報を発信する方もいらっしゃると思います。

 

採用担当現場では、SNSチェックも行っているケースがあります。
就活生は、そんなの特定できないだろうと思っても、書き込み内容から(文章の癖、面接日や選考内容やエピソードなど)ピンとくることも多いです。

 

また、インターネット上に掲載された情報を回収することは困難だと言われています。
入社後、みなさんやみなさんが所属する会社のサービスを利用するお客様が見た際、どう感じるか、しっかりと考えることが重要です。

 

【アドバイス】
見られてはならないものほど他人の目に入る
聞かれてはまずいことほど他人の耳に入る
SNSに掲載せずとも、自分のことを認めてくれる人はたくさんいる

ということを念頭において、細心の注意を払いましょう。

 

 

 

(文:就活図鑑編集部)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 就活図鑑_2018リトライ

    2017-6-16

    【2018年】就職浪人という選択肢

    6月にはいり、大手有名企業が一斉に(堂々と)選考を開始しました。 大手有名企業の正式内定をGETし…
  2. 就活図鑑_2018複数内定

    2017-6-6

    【2018卒】複数内定ホルダーが注意すべきこと

    すでに複数内定をもっている就活生もいらっしゃることと思います。 ほっと一安心も束の間、自信がみなぎ…
  3. 就活図鑑_2018内定がほしい

    2017-6-5

    【2018卒】 内定をとるためにすべきこと

    マスコミ等で、就活のニュースが出たり、SNSで「内定いただきました」という写真を目にするたび、落ち込…

ピックアップ記事

  1. 就活図鑑_2018リトライ
    6月にはいり、大手有名企業が一斉に(堂々と)選考を開始しました。 大手有名企業の正式内定をGETし…
  2. 就活図鑑_2018複数内定
    すでに複数内定をもっている就活生もいらっしゃることと思います。 ほっと一安心も束の間、自信がみなぎ…
  3. 就活図鑑_2018内定がほしい
    マスコミ等で、就活のニュースが出たり、SNSで「内定いただきました」という写真を目にするたび、落ち込…
2017年3月
« 2月   4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る