10年後のあなたについて質問されたときの対処法

就活図鑑_10年後コミット

先日コンビニのイートインスペースで、必死に何かを記入している就活生を発見しました。
どうやら、企業からの課題(ES)を作成している模様です。

 

テーマ「10年後、当社であなたがどうなっているかコミットしなさい。」というもの。

 

新卒採用にありがちなテーマですが、高度成長期の日本ならばともかく、今の時代にはナンセンスな質問だなと感じます。
技術革新スピードが早く、数年先のトレンドすら経営者がつかめなくなっているのに、働いたことがない就活生に10年後をコミットさせるのか理解ができません。

 

おそらく、その課題に正解はなく、

  • 自分なりに考えたことを表現できている
  • 実現可能そうである
  • 業界や企業研究がある程度できている

であれば、合格なんだと思います。

 

また、今回のケースと同様、面接官に質問されることもあるでしょう。

その際は、以下のような逆質問をしてみましょう。

 

「10年後については、私が調べた限りでは〜(業界/会社の将来)となることを前提として、その中で自分は〜貢献するつもりです。ただ、大変勉強不足で申し訳ないですが、より具体的に考えたいので、御社とあなた(面接官)の10年後について教えてください。」

ときいてみてください。

 

明確に回答いただけたのならば、

「ありがとうございます。その中で、自分は〜で貢献できると思いますが、そのためには〜が不足しているので、10年後までに身につける努力をします。」

と言えば完璧です。

 

明確に回答いただけなくとも、「10年後なんてわかんないよね〜」と共感してくれたり、ヒントをくれたり、アドバイスをくれたり、なぜその質問をしたのか理由を話してくれると今後の参考になると思います。

 

残念ながら、その場で明確に回答しない上に、説教をしてくる面接官はセンスがありません。
自分たちができないことを就活生に求める(自分のことは棚に上げる)など、入社してからも同様です。
不合格にされても落ち込まず、次回の面接に活かしましょう。

 

(文:就活図鑑編集部)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 就活図鑑_就活あるある

    2017-7-19

    2018卒 不合格になる就活生が見直す3つのポイント 【1】

    「どうしても内定がとれない」という就活生からの問合せが急増しています。 特にこの時期は、自信を失い…
  2. 就活図鑑_19インターンシップのすすめ

    2017-7-11

    2019卒はとにかくインターンシップへ

    2019卒の就活をひかえた学生に声を大にしてお伝えします。 何はともあれ、就活のはじまりはイン…
  3. 就活図鑑_コミュニケーション能力

    2017-7-6

    コミュニケーション能力について

    6月後半から、「内定がとれない」という相談が増えています。 話をきいてみると、「コミュニケーション…

ピックアップ記事

  1. 就活図鑑_就活あるある
    「どうしても内定がとれない」という就活生からの問合せが急増しています。 特にこの時期は、自信を失い…
  2. 就活図鑑_19インターンシップのすすめ
    2019卒の就活をひかえた学生に声を大にしてお伝えします。 何はともあれ、就活のはじまりはイン…
  3. 就活図鑑_コミュニケーション能力
    6月後半から、「内定がとれない」という相談が増えています。 話をきいてみると、「コミュニケーション…
2017年4月
« 3月   5月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る