夏場のリクルートスタイル

就活図鑑_理想の働きたい会社

急に暑い日が続いていますね。
近年採用活動がインターンシップの導入で早期化、倫理憲章の関係で長期化しているため、夏場の就活が避けて通れなくなってきました。

 

おそらく、社内がクールビズを導入しているため、学生さんにも「クールビズでどうぞ」と案内してくる会社もあるのではないかと思います。
実は、私の周囲にも学生へのアナウンスをどうしようか、迷っている採用担当者も多いのです。

 

一体、何を着ていけばよいのでしょうか。

 

会社によってアナウンスが異なることも当然予想できますし、このクールビズスタイルがいかにハードルの高いものか。
社会人でもこの時期になるとクールビスは導入されるものの、普段スーツを着ている男性がいざ私服となると着ていくものがないという声が聞こえてきます。

★夏の私服=Tシャツ、短パン、ビーサン

これでは、ビジネスにそぐわないと、わざわざ仕事用の私服を購入しなければならないのだそうです。ならば夏のスーツでいいよとなるわけです。

 

おそらく、学生さんの夏の私服とは★に近しいのではないでしょうか。
採用担当者からは、クールビスといっても、ビジネス街で浮かないスタイル、
具体例として襟付きのシャツ、長ズボン(デニム以外)、革靴などと指定されるとは思いますが、そんな服、就活終わったらいつ着るんだ??ならばスーツでとなるのはおおかた予想がつきます。

 

ただ、夏の採用活動やインターンシップでの黒スーツはお互いに暑苦しさ倍増。
服装は、自分のためにするわけではありません。
人様への気遣いがベースになります。

 

私が採用担当者ならば、黒以外の夏用スーツだと好感度は高いです。
今、各社から夏でも涼しいスーツ、セットアップがたくさん出ています。(某ファストファッションメーカーからも出ているので、生地が厚いリクルートスーツの方は検討してもよいかも。)
もし「あれ?ビジネスカジュアルでもよかったのに。」と社員の方に言われても、「他社ではクールビズのご案内がなかったので、スーツで申し訳ございません」と一言付け加えれば、不愉快に思う社会人はいないはずです。
何より社会人になってからも着られます。

 

また男性・女性に限らず、常にジャケットは脱げるような状態のインナーにしておきましょう。
脱いだらシャツがシワシワ、下着(Tシャツ)を着ていない、(女性は)下着が透けている等のないよう、ご注意ください。

 

以前、汗でびしょびしょに下着が透けている学生さんがいました。
インターンシップでしたが、男子学生はさすがに凝視もできず、気づいていないのは本人だけというご様子。
無駄なサービス?迷惑?にならないよう、白シャツの下にはキャミソール着ましょう。

 

本当は、それこそ倫理憲章で「夏場のリクルートスーツ全面禁止」にしてほしいものです。
日本の平均気温、確実に上昇しているのですから。

(文:就活図鑑 編集部)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 就活図鑑_18会社

    2017-9-22

    20代の会社選び 「大手至上主義のみなさんへ」

    日本人であれば誰もが知っている企業が、定期的に「早期退職」を募っているのは、学生だと知らない方も多い…
  2. 就活図鑑_2018NNT919

    2017-9-19

    2018卒 「内定式までに決めたい!」就活生へのアドバイス

    相談を受けていると、内定がない人も、内定があるけれど就活を続けている人も、一部の公務員をあきらめきれ…
  3. 就活図鑑_18内定アドバイス

    2017-9-13

    2018卒 内定が出る人と出ない人の差

    10月1日(内定式は10/2ないし10/3に開催する企業が多いです。)の内定解禁を目指して、就活生も…

ピックアップ記事

  1. 就活図鑑_18会社
    日本人であれば誰もが知っている企業が、定期的に「早期退職」を募っているのは、学生だと知らない方も多い…
  2. 就活図鑑_2018NNT919
    相談を受けていると、内定がない人も、内定があるけれど就活を続けている人も、一部の公務員をあきらめきれ…
  3. 就活図鑑_18内定アドバイス
    10月1日(内定式は10/2ないし10/3に開催する企業が多いです。)の内定解禁を目指して、就活生も…
2017年5月
« 4月   6月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る