配属希望が遠のく内定期間の過ごし方【2】

就活図鑑_内定期間20182

内定がとれた=高く評価されている=配属希望が叶う!(気がする)と考えている方はいらっしゃらないでしょうか。

 

ここからは、少しだけ怖い採用(人事)の裏側をお知らせしたいと思います。

 

新卒採用を行う企業の場合、たいてい複数の内定者がいて、選考〜内定者期間にランクがつけられるのです。
つまり、内定者仲間(同期)の中に「すごい!」(明らかに自分と考え方・行動レベルが高い)と思う人がいて、自分も同じレベルと錯覚してはいけないということ。

 

また、内定→内定承諾の言動で評価を落とす就活生がいます。

  1. 内定が出た瞬間に急に上から目線になったり、連絡がとりづらくなる(電話に出ない、メールのレスが遅いなど)
  2. 言葉遣いなどが粗くなる
  3. 承諾までの期間が長すぎる、決断できない

特に3について、「オワハラ」という言葉がありますが、近年売り手市場、公務員試験を控えている等の影響もあり、採用担当をヤキモキさせるエピソードもよく耳にするようになりました。

 

やや採用基準を下げてでも新卒を確保したい企業からすると
「合格ラインぎりぎりだったけど、育ててあげようと思ったのに」(←これはこれで上から目線ですけどね👅)
と感じてしまうケースも増えているそうです。
(実は、先にのべた「すごい内定者」ほど、選考段階から企業の優先順位づけをしているため、決断するときは早い傾向にあります。)

 

仮にそうであれば、すごい内定者は最高評価、あなたは普通などと評価されているため、人気のある配属先(だいたい社員にも人気があるため、配属される人のレベルが自ずと高くなります。)への望みは薄くなるでしょう。

 

必要なのは、「自分のおかれた立場」を客観的に理解すること。

 

10社受けて8.9割の確率で内定がとれているのであれば別ですが、10社受けて1社だけとれた内定であれば、上から目線の態度は危険です。
今からでも遅くはありませんので、挽回につとめることをおすすめします。

 

内定期間中にできることは以下をぜひご参照ください!
配属希望を叶える!内定期間の過ごし方【1】

配属希望を叶える!内定期間の過ごし方【2】

 

(文:就活図鑑編集部)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 就活図鑑_18学歴2

    2017-12-7

    2018&2019卒 偏差値の高い学生だけができるキャリア戦略

    以前、就活にどこまで「学歴」が通用するのか、という記事を掲載しました。 も…
  2. 就活図鑑_white500

    2017-11-30

    2019卒 企業研究で学生が陥りやすいワナ

    「ホワイト500」という言葉をご存知でしょうか。 大手企業を中心に就活関連メディア(就活サイト、ホ…
  3. 就活図鑑_1005ngc1

    2017-11-16

    2018卒 今さら面接で言ってはいけないこと【2】

    面接官に 「どんな会社で働きたい?」 「あなたが会社選びをする軸はなに?」 「…

ピックアップ記事

  1. 就活図鑑_18学歴2
    以前、就活にどこまで「学歴」が通用するのか、という記事を掲載しました。 も…
  2. 就活図鑑_white500
    「ホワイト500」という言葉をご存知でしょうか。 大手企業を中心に就活関連メディア(就活サイト、ホ…
  3. 就活図鑑_1005ngc1
    面接官に 「どんな会社で働きたい?」 「あなたが会社選びをする軸はなに?」 「…
2017年7月
« 6月   8月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る