企業選択のヒント【3】戦略性

就活図鑑_企業選びのヒント3

近年採用活動は、「インターンシップで」が常識になりつつあります。
夏〜秋〜冬にかけ、たくさんの企業が実施(予定)なのは、言うまでもありません。

 

2019年は、2018年と同様、3月になると、一斉に選考ステップに突入します。
内定保留をさせてくれない企業も多く、短期で決断をしなければならなかったという就活生も少なくありません。
(もちろん、納得のいかない就活生は、「内定式」を目処にいくつか形式上、内定受諾をしながら継続しています。)

 

この時期であれば、まだ本番まで時間があります。
ゆっくりと落ち着いて、企業研究ができるのです。

 

「戦略性」というと、ビジネス戦略とかマーケティング戦略とかを思い浮かべて、すでに読む気を失っている方もいらっしゃるのでは…と思いますが、ここでいうのはそういったものではありません。

 

採用活動(インターンシップ〜内定期間)を通じて、その企業が「一貫性のある、明確な目的をもった言動」をとっているのかということです。

 

通常、本気で新卒採用をしよう!という会社は、計画をたてます。

  • どんな人を、何人、そしてどこに配属して、誰に育成を任せて、数年後・数十年後にはこういうポジションで…
  • そのためには、誰が、何をいつまでに、どうやって、いくらで…

その結果が以下のようなもの(人)に表現されていきます。

  • 就職サイト
  • 会社ホームページ
  • パンフレット
  • インターンシップ/会社説明会
  • 選考(面接、適性検査など)
  • 内定者フォロー
  • OBOGなどのリクルーター
  • 採用担当者
  • 面接官(役員&マネージャー) …

もちろん、多少のズレは当然あります。

 

しかしながら、会社説明会では「優秀な人材へと育てます」といいつつ、リクルーターに質問したら「??」という反応が返ってきたり、顧客第一主義を企業理念に掲げているのに、採用活動では学生を長期間待たせたり、不適切な面接官を継続させたり、選考ステップやスケジュールがコロコロ変わる、記載されている情報がモノによって異なる、社員の言っていることが日によって違う…、目的がよくわからないインターンシップコンテンツなど、実際に働いたことのない学生でも感じられる【違和感】があります。

 

その【違和感】が自分にとって、許容できる【違和感】なのか、そうでない【違和感】なのか、長い就活を通して、確かめてみてください。
最終的に企業を選択する際の軸になるかもしれません。

 

よく、「結局入社しない業界・会社のことに詳しくなっても仕方ない、時間の無駄だ。」という就活生もいらっしゃいます。
だけど、入社しない業界・会社がお客様にならないなんて、誰も保証できません。

 

目先のことだけ考えて行動するのではなく、将来の投資ととらえてみましょう。
自分でしっかり考えて、探したり、人に会ったり、本を読んだり、実際に企業に足を運んだりする経験は、無駄にはならない。
これだけは、保証できます。

 
(文:就活図鑑編集部)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 就活図鑑_秘密主義

    2018-5-2

    2019卒 面接官が話をきくのをやめたくなる就活生の実例【3】

    すでにゴールデンウィークに突入しましたが、いかがお過ごしでしょうか。 一時的に就活をストップしてい…
  2. 就活図鑑_18人事本音4

    2018-4-24

    人事が正直に答えられない質問 【4】「宗教」について話すこと

    就活生から、「実際どうなんですか?」ということで聞かれることが多いものの、 企業の人事担当者が正直…
  3. 就活図鑑_18内定者懇親会1

    2018-4-13

    2019卒 内定保留中の「内定者懇親会」は出席すべき?

    例年にくらべて内定出しが早期化している2019年度。 内定を辞退しない限り…

ピックアップ記事

  1. 就活図鑑_秘密主義
    すでにゴールデンウィークに突入しましたが、いかがお過ごしでしょうか。 一時的に就活をストップしてい…
  2. 就活図鑑_18人事本音4
    就活生から、「実際どうなんですか?」ということで聞かれることが多いものの、 企業の人事担当者が正直…
  3. 就活図鑑_18内定者懇親会1
    例年にくらべて内定出しが早期化している2019年度。 内定を辞退しない限り…
2017年10月
« 9月   11月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る