あえて不合格にする人材

就活図鑑_18ハイパフォーマー

就活生の中に、「きみは優秀すぎて、当社ではなく別の会社で活躍した方がいい。」と言われたが、体のいい断り文句だったのかと落ちこんでいる人はいないでしょうか。

 

結論から言うと、優秀すぎて不合格というケースは存在します。

 

 

「優秀」という言葉は、定義があいまいなので、わかりやすく言うと
・ひとつの事象について、深く・多角的に考えられる能力が高い
・目標達成意欲が高く、実現できる(しかも目標レベルが高い)
とかをさすことが多い。

 

つまり、そういった能力が、自社の社員のレベルと比較すると高すぎて、すぐに追い越してしまうことが予測されるということ。
「普通に考えたら、より能力の高い新入社員に入社してもらった方がいいに決まっている。優秀な人材を不合格にするなんて、もったいない。ばかじゃないの。」

おっしゃる通りです。

 

仮に入社したとします。

 

数年後、その優秀な人材は、「うちの会社〜だなんて、ばかじゃないの。」と感じ、会社を去ることになる可能性が高いのです。
自分の能力がもっと活かせる職場を求めて転職してしまう。
つまり、今思ったことを数年先に感じることになります。

 

この数年、もちろん学んだことは無駄ではありません。
ただし、初めから自分のレベルに合った会社を選択していれば、もっと早く成長できていたかもしれません。

 

なので、もし「優秀すぎる」という理由で断られたのならば、数年先退職するリスクを回避できたと考え、別の会社にアタックしてみましょう。

 

それでも信じられなければ、以下の質問をしてみてください。

  • 「自分のどんな点が優秀すぎると判断されたのか」
  • 「優秀ってどういうことでしょうか」
  • 「評価いただいた点を活かせる企業や職種って具体的にどういうところでしょうか」

明確に回答されたら自信をもって、すすめられた道にチャレンジするのも選択肢のひとつ。

 

明確に回答されなければ、頭が良くて(ときに理屈っぽいと評価される)、上司が扱い(指導し)づらい可能性があります。
その場合は、他人にいじられるポイント(普段いじられなければ、自分の弱点をさらすなど)を面接でアピールしてみることをおすすめします。

 

 

私は面接で「採用したい!」と思っても、その方の将来性を考慮し、あえてお断りをすることがあります。

 

もちろん、優秀な方であればあるほど会社は嬉しいです。
だいたい、そういう方は、どんな仕事をしても成果がでることも経験上、知っています。
だけど、違う業界/企業の方が、その方はもちろん社会全体の利益になる、そう思うからです。

 

採用担当者としては、経営者から叱責されるかもしれませんが😀
代わりに違う方を採用すれば済む話なので、20代からこのスタンスを崩していません。

 

「優秀すぎて、採用できない。」

そこに嘘はありません。
自分を信じてチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

(文:就活図鑑編集長)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 就活図鑑_秘密主義

    2018-5-2

    2019卒 面接官が話をきくのをやめたくなる就活生の実例【3】

    すでにゴールデンウィークに突入しましたが、いかがお過ごしでしょうか。 一時的に就活をストップしてい…
  2. 就活図鑑_18人事本音4

    2018-4-24

    人事が正直に答えられない質問 【4】「宗教」について話すこと

    就活生から、「実際どうなんですか?」ということで聞かれることが多いものの、 企業の人事担当者が正直…
  3. 就活図鑑_18内定者懇親会1

    2018-4-13

    2019卒 内定保留中の「内定者懇親会」は出席すべき?

    例年にくらべて内定出しが早期化している2019年度。 内定を辞退しない限り…

ピックアップ記事

  1. 就活図鑑_秘密主義
    すでにゴールデンウィークに突入しましたが、いかがお過ごしでしょうか。 一時的に就活をストップしてい…
  2. 就活図鑑_18人事本音4
    就活生から、「実際どうなんですか?」ということで聞かれることが多いものの、 企業の人事担当者が正直…
  3. 就活図鑑_18内定者懇親会1
    例年にくらべて内定出しが早期化している2019年度。 内定を辞退しない限り…
2017年11月
« 10月   12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ページ上部へ戻る