2019卒 グループ面接で就活生が気にしている面接官の言動&面接官の本音

最近、就活相談で多いのが、「グループディスカッション」や「グループ面接」に関すること。
やはり、面接官がどこを評価するのか、が最大の関心事のようです。

 

逆に、就活生は具体的に面接官のどういったところに注目しているのでしょうか。
具体例をあげると以下のような点です。

 

  • 手元(メモしている内容)
  • 目線(好意的か、冷ややかかなど)
  • 反応(あいづち、表情など)
  • (面接官が複数の場合)決定権をもっていそうなのは誰か。
  • 質問回数・時間・内容

上記を分析し、自分が合格かどうか予想しているようです。
その中でも、就活生の自己評価⇔面接官の本音でGAPが大きいのは、質問回数・時間です。

 

  • 両隣の人には4つ質問していたが、私には2つ。
  • 同じグループのとある就活生にはかなり時間をかけて質問していたが、私にはあっさり。
  • 回答したが、さらにつっこんだ質問はなかった。…

上記の場合、「私なんかわからないけれどダメだったのかも」と落ち込む就活生が多いようです。

 

面接官からすると、
限られた時間の中で、そのステップにおける評価ができる材料さえそろってしまえば、
面接は終了です。

 

つまり、コンパクトに必要事項を話せていた/伝えることができた
ということ。

 

中には、採用したい性別、採用したい学科や研究内容が明らかで…予想通り不合格になるケースもあります。

 

しかしながら、超・売り手市場の近年、よほどの人気企業でもない限り、選考に来て下さった方を様々な角度からよくみて、少しでも可能性があれば入社してもらいたいというのが企業の本音です。

 

だからこそ、「採用レベルに足りなそうな方」ほど、丁寧に面接をする必要がある。

 

さらにいうと、丁寧に面接されて不合格でも納得がいくけれど、たいして質問もされずに不合格であれば、クレームに発展するリスクも企業側にあります。

 

だからこそ、面接の数・時間で、早々と落ち込む必要はないのです。

 

明日からのグループ面接。
ぜひ、上記を参考に、たくさん質問される就活生、そうでない就活生を観察してみましょう。

 

少しは緊張がほぐれるはずですよ。

 

 

(文:就活図鑑編集部)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 就活図鑑_18ごますり就活生

    2018-10-4

    「それはやりすぎ!」と面接官に思われる就活生【1】

    台風24号が落ち着いたと思ったら、もう次の台風がまた日本に接近している模様ですね。 せっかくの行楽…
  2. 就活図鑑_18NGMARCH2

    2018-10-3

    2020卒 いわゆるMARCHクラスなのに内定が出ない方の特徴【2】

    6月後半から、「内定がとれない」という相談が増えています。 大学をきいたところ、いわゆるMARCH…
  3. 就活図鑑_18配属先は運試し?

    2018-10-1

    「配属先」が運だめしにならないように今からできること

    先週末~今日にかけ、日本を大型台風が通過していきました。 すでに「内定式」が延期になった、参加でき…

ピックアップ記事

  1. 就活図鑑_18ごますり就活生
    台風24号が落ち着いたと思ったら、もう次の台風がまた日本に接近している模様ですね。 せっかくの行楽…
  2. 就活図鑑_18NGMARCH2
    6月後半から、「内定がとれない」という相談が増えています。 大学をきいたところ、いわゆるMARCH…
  3. 就活図鑑_18配属先は運試し?
    先週末~今日にかけ、日本を大型台風が通過していきました。 すでに「内定式」が延期になった、参加でき…
2018年3月
« 2月   4月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る