2019卒 面接官が話をきくのをやめたくなる就活生の実例【2】

就活図鑑_18話をきくのをやめたい2

「レスポンスが悪い/おかしい。」

 

この時期、多いときは1日に100名近い学生を面接をすることがあります。

 

  • 自己紹介
  • アピール内容
  • 服装(リクルートスーツということもあります。)

など、似たり寄ったりのケースも多い。

 

  • しっかりと学生を見極めたいという面接官
  • なるべく学生のいいところを引き出したいと思う面接官…

タイプは様々ですが、どんな面接官も正直、後半になってくると話すのがしんどい。

 

疲れがピークに達すると、
細かい内容まで頭に入ってこないこともあるのが本音。

 

そんな中、

  • 第一印象が悪い
  • レスポンスが悪い/おかしい

学生さんについては、深く追及せずに「もう(不合格で)いいや。」とされてしまうことがあるので、要注意です。

 

 

【レスポンスが悪い/おかしい】とはどういうことでしょうか。

 

  1. きかれた質問に回答できない
  2. きかれた質問の回答が長過ぎて、何を伝えたいのかわからない
  3. 話しているときはよいが、面接官が話しているときの反応が薄い

 

 

【1】
質問の意味が理解できないのは論外ですが、
すでに準備しているアピールネタを話しがたいがためにレスポンスがズレる方が多いです。

 

無理矢理こじつけることはありません。
きかれた質問の意図を理解し、ダイレクトに回答しましょう。

 

【2】
考えがまとまらずに回答がちらかる方が多いです。
回答が不足している場合は、面接官が追加で質問をしてくれるので、あまり長くならないようにしましょう。
特に面接官がつまらなそうな表情をしていたり、反応が薄くなってきたら要注意です。

 

【3】
他の就活生がした質問に面接官が回答しているときなど、自分には関係ない場合、ぼーっとしたり、
あいづちはおろか、うなづきもしない方がいます。
面接官の席からはよく見えるので、注意しましょう。

 

最初のうちは、「慣れていないから仕方ない、緊張しちゃうよね。」と思ってもらえますが、延々に続くと、面接官のやる気を奪いかねません。

 

「もう(不合格で)いいや。」
という評価をもらわないためにも、レスポンスには十分気をつけましょう。

 

 

(文:就活図鑑編集部)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 就活図鑑_19安定

    2019-3-20

    大手企業で働くのは本当に「安定」か?

    「安定した業界で働きたい!」 「とりあえず安定しているから大手企業に入りたい。」 という…
  2. 就活図鑑_19勤務地確認

    2019-3-19

    希望勤務地がゆずれない人の就活方法

    希望する条件のひとつに、 「希望勤務地で働きたい」 という方が増えています。 …
  3. 就活図鑑_19情報整理術

    2019-3-15

    何を信じたらよいかわからない就活生必見!すっきり就活情報整理術

    インターネットの普及により、就活中の学生さんが得られる情報は格段に増えました。 …

ピックアップ記事

  1. 就活図鑑_19安定
    「安定した業界で働きたい!」 「とりあえず安定しているから大手企業に入りたい。」 という…
  2. 就活図鑑_19勤務地確認
    希望する条件のひとつに、 「希望勤務地で働きたい」 という方が増えています。 …
  3. 就活図鑑_19情報整理術
    インターネットの普及により、就活中の学生さんが得られる情報は格段に増えました。 …
2018年3月
« 2月   4月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る