2019卒 内定保留中の「内定者懇親会」は出席すべき?

就活図鑑_18内定者懇親会1

例年にくらべて内定出しが早期化している2019年度。

 

内定を辞退しない限りは、企業から召集がかかることもあるでしょう。
そのうちのひとつ「内定者懇親会」。

 

少しでも入社を検討している場合は、ぜひ出席することをおすすめします。

 

就活生からすると、将来一緒に働く上司や先輩や同期がどういう人なのか、冷静に判断できる重要な機会です。

 

もちろん、人事からある程度の内定者に対する対応マニュアルなどは配布されているとしても、全体的な雰囲気など隠しきれないものは存在します。

また、内定者が一同に会するので、会社が求めている人材がどういうものか、一定の傾向は見えるはずです。

 

つまり、最終的な判断を内定者懇親会でするというのも「なし」ではありません。

過去に2社で迷っていた就活生が、内定者懇親会に参加したら、すっきり1社に選択できたというケースもあります。
感じる違和感は、恐らく間違いではないからです。

 

すべてがそろった理想の会社はありません。
理想の働きたい会社

 

しかしながら、自分が重要視している条件にマッチしていなければ、最終的にすっきりと決断することができないはずです。

 

また、自分が内定者の中で、どんなレベルなのかをぜひチェックしてきてください。

  • 「エース候補」
  • 「将来のボードメンバー(経営陣)候補」
  • 「可もなく、不可もない」
  • 「地方配属要員」…
    もしかしたら目途をつけられているかもしれません。

 

(企業側の)内定懇親会の目的をご存知でしょうか。

 

•内定者同士の顔合わせ
•社員を紹介
•企業に対する理解を深めてもらう
•学生・企業お互いに見極め

など様々な目的がありますが、大きく分けると
1.辞退防止
2.ミスマッチ防止

に集約されるでしょう。

 

面接はすべて終了していますが、引き続き、企業から評価されていることを肝に命じましょう。
どんなに面接に時間をかけても、控え室で観察をしていても、就活生の20数年間すべての確認することはできません。
角度を変えて、選考されていることを忘れないでください。

 

少なくとも、「アルコールの飲みすぎ」だけは避けましょう。

 

内定懇親会の終了後、必ず行われているのが、「反省会」という名の内定者に関する感想発表です。
そこでは、今年の内定者の全体的なレベル、自分の部署に欲しい内定者、欲しくない内定者、どの部署・上司と相性が良さそうか、都市部に向いているか、必要な研修など、意見を交換し合い、配属や研修内容の参考にします。

 

お互いに気を抜けない、そんな場が「内定者懇親会」なのです。

 

 

(文:就活図鑑編集部)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 就活図鑑_就活メアド

    2018-9-12

    気づいた今すぐに改善できる就活お役立ち情報 【1】

    インターンシップがひと段落し、次のインターンシップや就活本番まで何をしたらよいのでしょうか。 …
  2. 就活図鑑_18お礼の手紙

    2018-9-11

    就活マニュアルにまどわされない!お礼メールが不要な理由

    インターンシップや会社説明会、さらに選考に参加するたびに、お礼の手紙やメールを送ってくださる就活生が…
  3. 就活図鑑_後ろ姿

    2018-9-10

    新卒採用で重要視される第一印象で、見落とされがちなところとは?

    今年は全国各地で災害が発生し、「就活」どころではない方も少なくないのではないでしょうか。 何よりも…

ピックアップ記事

  1. 就活図鑑_就活メアド
    インターンシップがひと段落し、次のインターンシップや就活本番まで何をしたらよいのでしょうか。 …
  2. 就活図鑑_18お礼の手紙
    インターンシップや会社説明会、さらに選考に参加するたびに、お礼の手紙やメールを送ってくださる就活生が…
  3. 就活図鑑_後ろ姿
    今年は全国各地で災害が発生し、「就活」どころではない方も少なくないのではないでしょうか。 何よりも…
2018年4月
« 3月   5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ページ上部へ戻る