2019卒 面接官が話をきくのをやめたくなる就活生の実例【3】

就活図鑑_秘密主義

すでにゴールデンウィークに突入しましたが、いかがお過ごしでしょうか。
一時的に就活をストップしている方もそうでない方も、自分の就活を冷静にふりかえる時期にはぴったりだと思います。

 

※弊社スタッフは、なるべくまとまったお休みがとれるように工夫しながら仕事をすすめています。

 

さて、本日は、面接官が話をきくのをやめたくなる就活生【3】をご紹介します。

 

「必要以上に秘密主義/質問に回答しない。」

 

この時期、多いときは1日に100名近い学生を面接をすることがあります。

•自己紹介
•アピール内容
•服装(リクルートスーツということもあります。)

 

など、似たり寄ったりのケースも多い。

 

•しっかりと学生を見極めたいという面接官
•なるべく学生のいいところを引き出したいと思う面接官…

タイプは様々ですが、どんな面接官も正直、後半になってくると話すのがしんどい。

 

疲れがピークに達すると、
細かい内容まで頭に入ってこないこともあるのが本音。

 

そんな中、
・必要以上に秘密主義
・質問に回答しない

という就活生が存在します。

 

もちろん、面接官の中には「してはいけない質問」をしてしまう意識の低い方が存在します。

参考:人事が困る面接官事例

 

そういったケースはさておき、いわゆる「本人に対しての理解を深めるための質問」に対して、

「回答する義務はないと思います。」
「答えたくありません。」
「プライベートなことなので回答を差し控えます。」
「…(無言)」

という反応の就活生に出会うことがあります。

 

面接という場を考えてみましょう。

 

おそらく、大半の方は「その企業に入社したい!」「多少は興味がある。」のではないでしょうか。
無理やり、面接を受けさせられているという状況ではないはず。

 

そんな中で、秘密主義を貫いたところで、合格は絶対にありません。

 

面接官の中には、業務でいたしかたなく面接をしている人もいます。
にも関わらず、就活生に上記の対応をされたら、「何こいつ。何しにきてるんだよ。」と思われるでしょう。

 

熱意のある面接官でさえ、「うーん。質問の仕方が悪かったかな。それとも何か気に障るようなことをしてしまったかな。」
と心配になってしまうはず。

 

もちろん、回答しにくい質問はあるでしょう。
とはいえ、面接はお互いに理解を深める場所です。

 

もしも自分が企業の担当者に質問をした際、回答してもらえなかったらどう感じるのか。
相手の立場になって行動できる習慣を身につけましょう。

 

 

(文:就活図鑑編集部)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 就活図鑑_秘密主義

    2018-5-2

    2019卒 面接官が話をきくのをやめたくなる就活生の実例【3】

    すでにゴールデンウィークに突入しましたが、いかがお過ごしでしょうか。 一時的に就活をストップしてい…
  2. 就活図鑑_18人事本音4

    2018-4-24

    人事が正直に答えられない質問 【4】「宗教」について話すこと

    就活生から、「実際どうなんですか?」ということで聞かれることが多いものの、 企業の人事担当者が正直…
  3. 就活図鑑_18内定者懇親会1

    2018-4-13

    2019卒 内定保留中の「内定者懇親会」は出席すべき?

    例年にくらべて内定出しが早期化している2019年度。 内定を辞退しない限り…

ピックアップ記事

  1. 就活図鑑_秘密主義
    すでにゴールデンウィークに突入しましたが、いかがお過ごしでしょうか。 一時的に就活をストップしてい…
  2. 就活図鑑_18人事本音4
    就活生から、「実際どうなんですか?」ということで聞かれることが多いものの、 企業の人事担当者が正直…
  3. 就活図鑑_18内定者懇親会1
    例年にくらべて内定出しが早期化している2019年度。 内定を辞退しない限り…
2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る