リアル社会人【1】その2

就活図鑑_19社会人のリアル1-2

ホームページ上ではわからない細かい業務内容や、社会人をとりまく人間模様などを公開します。
就活図鑑編集部が実際に取材し、そのときの気持ちなど、より「働くってどういうことか。」が学生のみなさんに伝わるように
彼(女)達の一日の流れ形式で編集してみました。

会社ホームページやSNS上では「キラキラしたあの人」も実は普段、こんな一日を送っている。
決して、毎日楽しいこと、充実感であふれているわけではありません。
そして、聖人でもなければ、完璧でもないことをぜひお伝えしたいのです。

記念すべき一回目は、都内の中堅メーカーに勤務する女性社員です。
ステイタスは以下のとおり。

 

配属先:首都圏 営業部
職種:営業アシスタント(事務)
キャリア:新卒入社 現在2年目の20代女性。
プライベート:独身、絶賛婚活中。インドア派でゲームが好き。
就活軸:「目指せ!いつかは夢の専業主婦」

 

とある一日午後の部をご覧ください。

 

15:00
現実逃避していたものの、そろそろ例の嫌な仕事にとりかかるか…と思っていた矢先、上司に呼ばれる。嫌な予感w

上司:「ねえ、さっきの電話どうなった?」
私 :う…「これから対応します。」
上司:「電話がかかってきたの何時だった?あなたがお客様ならどう思う?」
私 :「遅いと思います。申し訳ございません、すぐ対応します。」
上司:「嫌な仕事ほど時間をおいたらだめだよ。困ったら相談に乗るから。」
私 :「わかりました。」

気が重いけど勇気を出してがんばろう!

 

さて電話!と思ったら担当営業から「A社にパンフ30部送っておいてー。」
うるせー、私だって忙しいんじゃっとつい言いたくなるw

 

さらに経理から「担当営業さんの経費精算まだきてないけど〆切だって伝えといて。」
私は伝書鳩じゃねーw

 

不思議と忙しいときって仕事が重なるもの。
まあ、パンフ送付は帰りにポストに入れればいいだけだから電話、電話。

 

だーーーー、めちゃくちゃ怒っている。
が、怖がらずにまずは話をきく。言い分をひたすらきく。我慢、我慢。。。
どうやら、うちの営業に落ち度があったことがわかって、冷静に対応できた。
お客様も最後には許してくれて、「ありがとう!」と。

担当営業と上司に報告して終了。

って、時計を見ると16:30。ぞろぞろと営業社員が帰ってきます。

 

さっきの営業社員からお礼にスイーツ♪
そう、外出や出張の多い営業部は、お土産をいただける機会も多くて嬉しいのです。
嫌な電話対応とか、急にふられてめんどうな仕事があるけれど、営業社員から「気が利くね。」「助かったよ。」とか声をかけてもらえるとがんばったかいがあったなと感じます。

 

17:20
営業社員からまた依頼(見積り作って~とか、在庫確認したり、プレゼン資料コピーしておいてとか)を受けたり、
確認事項や彼(女)らが不在のときにあった内容について報告を済ませ、
急ぎのものがない限りは定時退社を目指します。

 

繁忙期は部署によって違いますが、営業だと売上の〆日前後はどうしても忙しいです。
たまに突発的に残業が発生してしまう日もありますが、深夜とか徹夜でというのはありません。

 

帰社後
平日はまっすぐ実家に帰りますが、1~2週間に一度くらいは夕飯を同期や同僚、社外の友人と食べにいくことも。
婚活アプリに登録してはいますが、実際に会うまでには至っておらず、社内でどうにかできればラッキーと思っています。

 

キャリアについて、就活のときも別にやりたいことはなし。
ゆくゆくは母親のような夢の専業主婦できたらと思い、新卒同期が多め、男性多め、仕事は事務でという軸でしかありません。
某就活サイトでたまたまエントリーしたのがきっかけです。

 

正直具体的に5年後どうなりたいとかはありません。
とはいえ、営業社員から「助かった!」と言われたり、お客様が喜んでいるところを見るのは嬉しいです。
それに苦手だと思っていた電話対応は意外と褒められるなど自分の新たな能力を発見できました。

 

でも、まだ一人ではできないことも多いので、先輩に聞かなくても対応できることを増やしたい、もっと効率よく仕事をしたいです。

 

部署の雰囲気は、まあまあ。
怖い先輩もいるけれど、いなきゃいないで困るので、どうにか怒られないようにしていきたいと思います。

 

あとは通勤的に楽なので本社に異動したいくらい。
仕事そこそこで、今は婚活がんばります!

 

いかがでしたでしょうか。

 

会社説明会等で感じる「勧誘性」がないことにお気づきでしょうか。
ここでは、普段の仕事を本音をまじえて公開しています。

・本当にめんどくさい
・うるせー、私だって忙しいんじゃっとつい言いたくなる
・怖い先輩もいるけれど、いなきゃいないで困るので、どうにか怒られないようにしていきたいと思います。

なんて、就活イベント等で言えるわけがありません。

 

でもそういった本音を知ることで、
「ああ、自分と変わらないんだ」「そんな中でも折り合いをつけて働いているのだ」
と気づいていただけたら嬉しいです。

 

(文:就活図鑑編集長 西村奈々)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 就活図鑑_2021就活スタート

    2019-6-19

    2021年就活の不安を取り除く方法

    2021卒の就活をひかえた学生のみなさん。 今年は、経団連の発表やら大学やら政府からの要請など情報…
  2. 就活図鑑_19リアル社会人2

    2019-5-23

    リアル社会人【2】その2

    ホームページ上ではわからない細かい業務内容や、社会人をとりまく人間模様などを公開します。 就活図鑑…
  3. 就活図鑑_19社会人のリアル1-2

    2019-5-2

    リアル社会人【1】その2

    ホームページ上ではわからない細かい業務内容や、社会人をとりまく人間模様などを公開します。 就活図鑑…

ピックアップ記事

  1. 就活図鑑_2021就活スタート
    2021卒の就活をひかえた学生のみなさん。 今年は、経団連の発表やら大学やら政府からの要請など情報…
  2. 就活図鑑_19リアル社会人2
    ホームページ上ではわからない細かい業務内容や、社会人をとりまく人間模様などを公開します。 就活図鑑…
  3. 就活図鑑_19社会人のリアル1-2
    ホームページ上ではわからない細かい業務内容や、社会人をとりまく人間模様などを公開します。 就活図鑑…
2019年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る